ページの先頭へ

キッチン収納

キッチン収納

キッチン収納

家電収納やカップボードなどのキッチン収納はキッチンと同様に機能性が重視されます。キッチン収納のみ別で手配することなく、オーダーメイドで製作すれば色や素材などキッチンと同じ仕様で製作することができます。キッチン収納に収める代表的なものはオーブンレンジや炊飯器、コーヒーメーカー、電気ケトル、トースターなどの家電製品やパン焼き機、ガスオーブンなどを収納する場合もあります。その他食器類、ホットプレート、缶詰や菓子類、ライスストッカー、酒類などキッチン収納に収めるものは様々なものが多くあります。キッチン収納の寸法をプランニングする時は調理作業時の負担を減らすように考えます。オーブンレンジやコーヒーメーカーなどが使い易いカウンターの高さを設定することや、吊戸棚の下の方には使用頻度の高い物を収納できるように、目線ぐらいの高さに設定するなど、調理作業時に屈んだり踏み台に乗ったりなどの動作を極力少なくするようプランします。吊り戸棚に食器類を収納する場合、手前の食器をよけて奥の食器類を取り出す必要がありますが、引き残しの少ない構造にした引き出しに食器類を収納すれば、収納されている全ての食器類が上から一目でわかり取り出しも楽に行えます。吊戸棚には大きめの食器類、引き出しには茶碗などの細かい食器類を収納するなど使い分けられるようにすると効果的です。炊飯器収納の横には引き出しを設け、お茶碗やしゃもじを収納しておくとご飯をよそうときに便利です。引き出しは収納しやすいシステムですが、引き出しでは収めづらいものがある場合などは開き扉の収納が少しあっても便利です。その中に引き出し式のワイヤーバスケットなどを組み込むことも可能です。設置する場所の天井高や奥行、キッチンとのスペースなどを考慮し、最善のプランで設計していきます。キッチン収納のプランで欠かせないことがゴミ箱収納です。ゴミ箱の収納を考えないでプランをすると後でゴミ箱置き場に困ることになります。可能であれば引き出しにゴミ箱を収納できるようにしたり、引き出し本体をゴミ箱と一体に製作することでゴミ箱の存在が見えなくなるのですっきりします。わざわざ引き出して使用することが好みでない場合は、ダイニングなどから直接見えない場所などをゴミ箱空間としてオープンにしておくことも可能です。炊飯器などの蒸気がでる家電類は引き出して使用できるようにしておけば、収納内部で蒸気がこもりません。全ての家電類を見えないように隠しておきたい場合でもプランは可能です。キッチンを対面式にした場合は、壁面に設置されることの多いキッチン収納はダイニングからよく見えることになります。来客の際などお客様から直接見えることになるので、すっきりと綺麗なキッチン収納が望ましいのではないでしょうか。その他キッチンをコの字型にした場合などはキッチン収納と一体で製作することも可能です。また、調理中は全ての収納や家電類が見渡せるが、調理中以外の時は完全に隠すようなプランもできます。使う人のお好みや間取りなどに合わせてプランニングすることができます。

総数7件 1

総数7件 1

施工実例はこちら