ページの先頭へ

HOME > 施工実例 > 一戸建てエントランスホール リフォーム(一戸建て 相模原市)

一戸建てエントランスホール リフォーム(一戸建て 相模原市)

玄関にもともと設けられていたシューズインクローゼットの入り口扉をオーダーメイドで製作。既存の折れ戸タイプから全面ミラーで施された開き扉タイプに変更。低かった折れ戸から玄関入り口扉と高さを合わせることでエントランスホールに統一感と高級感が生まれました。ミラー扉をシンプルに仕上げるため、隠し丁番を採用するなど無駄なものは排除して設計しました。大型のミラー扉で玄関の広がりも増し、姿見としても重宝され印象が大きく変わりました。

シューズインクローゼット入り口 施工前写真

玄関を入った正面にはウォークインクローゼットの入り口が設けられていました。もともと2方向から出入り出来るウォークインクローゼットだった為、玄関側からの入り口を取り払いニッチを計画しました。ニッチは玄関から正面に位置する為、印象がとても大切になります。お施主様が強くご希望されたアーチにすることで優しい印象とデザイン性を兼ね備えることができました。ニッチ壁面と床のステージ部分にはタイルを施し、上部から間接照明で演出しました。間接照明の光が遮られないように2段の棚はガラス棚を採用しました。

アーチニッチ施工前写真

玄関に設けられていた薄型のニッチもアーチ形状にし、間接照明で演出しました。

ニッチ施工前写真