ページの先頭へ

HOME > 施工実例 > 間接照明で演出された洗面化粧台(マンション 相模原)

間接照明で演出された洗面化粧台(マンション 相模原)

オーダーメイドで製作した洗面化粧台。本体を浮かして設置し床面との空間を確保し、三面鏡になるミラーキャビネットの上部にも空間を設け、洗面室の空間を広く見せている。ミラーキャビネットの上下部に間接照明を施し、高級感を演出するとともに上下からの反射でミラーに映った顔が綺麗に見えるようになっている。上部の間接照明を明るくし天井面に明るさが伸びるようにしている。下部の間接照明はカウンターへの反射で眩しくなり過ぎないよう上部より明るさを抑えている。また、下部の間接照明はカウンター面から明かりがはみ出ないようにカウンターのみ照らされるよう計算している。ミラーキャビネットのミラーには曇り止めの防曇フィルムを施し、湯気でミラーが腐食しないように腐食防止処理も施している。本体はメラミン樹脂で製作。カウンターはデュポンの人工大理石、洗面化粧台設置面の壁面には水はねで壁が傷まないよう防水パネルを貼っている。

洗面化粧台で洗濯や洗髪をしたいというお施主様のご希望で、洗面ボウルは大きめの物をセレクト。その際の水はねを考慮し水栓設置面に段差を設け、はねた水が広がらないようにしている。段差はカウンターの人工大理石を加工して設けている。段差の立ち上がり部分は清掃性の事を考慮し、アール形状にしている。

オーダーメイドで製作した三面鏡になるミラーキャビネット。高級感を出すため内部はダークグレーで製作し、可動棚はアルミ製を使用。キャビネットの底面にはステンレス製ポールを設置し、ハンドタオルなどを掛けられるようになっている。上下に設置された間接照明はミラー扉を開けた時に光源が見えないように設計してある。内部左側側面にはミラーキャビネットの類似色のコンセントを設け、電動歯ブラシなどを充電できるようにしてある。

プラン提案時 イメージ3Dパース

施工前写真