ページの先頭へ

HOME > 施工実例 > デザインリノベーション (アパート 相模原)

デザインリノベーション (アパート 相模原)

築30年の相模原市の集合住宅の一室を全面リフォームしました。壁、天井、床、全て取り払いスケルトンに。今回のリフォームを期に古くなった配管や配線なども全て交換しました。お施主様のご希望でもあった[収納家具を置きたくない]ということから、全てが収まる大容量の収納を一箇所に造作しました。よりシンプルに見せるために扉の取っ手や窓枠などは採用せず、すっきりとした仕上がりになりました。キッチンのタイルはお施主様とショールームや展示会に何度も足を運び、納得いく物が見つかるまで探し続けました。使い勝手を損ねることなく、細部に渡りデザインが追求された仕上がりになっています。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Living Dining Kitchen

キッチンから臨むリビングダイニング。

Living Dining Kitchen

30uのアパートの1室を快適に生活できるようプランニング。リビングダイニングキッチンは日当たりの良い場所に設けました。リフォーム前はキッチンが玄関を入ったすぐの廊下部分に設置されていましたので、収納も置くことが出来ず使い勝手が悪い位置でした。キッチンの位置をリビングに設置するよう大幅な位置変更をおこないました。キッチンはサンワカンパニー製のオールステンレスキッチンを採用。キッチンがアクセトになりリビングダイニングキッチンのデザイン性を向上させることができ、キッチンも明るく使いやすい位置になりました。大容量の収納も設けることができ、収納に困ることはなくなりました。床材はコストを抑えるために塩ビ製のタイルを採用。リビングスペースの塩ビタイルはヘリンボーン柄にしました。リビングダイニングの照明は、遠隔リモコンで操作や照明シーンを登録しておくことができるライトコントローラーを使用しています。壁面の仕上げは水性ペイントを3分艶で仕上げてあります。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Living Dining Kitchen

テレビ台はリビングスペースの邪魔になってしまうため、テレビ台を置くことを不採用にしました。テレビは壁掛けにし、配線はテレビの後ろに見えないようにしてあります。レコーダーなどは、キッチン収納の中に置くことができるように壁や天井内部に配線してある為問題なく使用できます。キッチンの奥は寝室となっています。寝室の壁面はアクセントとして、水栓ペイントでエイジング塗装を施しています。寝室や廊下の出入口など扉を使用せず開放的な空間にしています。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Kitchen Storage

Kitchen Storage

キッチンの後ろに大容量の収納を設けました。使用していないときはブラインドを閉めれば、生活感を無くすことができます。調理中など使用するときはブランドを全開にすればすべてを見渡すことができるため、一般的な家電収納などのようにその都度扉の開け閉めなどしなくて済みます。リフォームする際プランや間取りによってさまざまな収納計画を提案できます。

Entrance Hall & Closet

玄関ホールから見た家族共有の収納スペース。リビングなどに家具を置きたくないというご希望と、本来なら使う場所にその専用の収納を設けることが生活動線上大切なことですが、絶対的な面積不足の為、玄関からリビングへの廊下の左右に大型の収納を設けました。キッチン以外のすべての収納をこの廊下部分にまとめています。狭小住宅のリフォームの場合に適した収納プランと言えます。洗濯機置き場を脱衣室に設けることが出来なかったため、実例写真の右奥の収納内部に洗濯機を設置しました。洗濯機置き場には洗濯で使用する用品がまとめて収納できるようになっています。

Entrance Hall & Closet

家族共有の収納スペースからグレイッシュブルーで塗装された玄関ドアを臨んでいます。玄関横の出入口はサニタリースペースとなっています。

Family Storage

リフォーム前はキッチンスペースだった廊下に設けられた家族共有の収納スペース。本や、DVD、雑貨、生活用品、衣類などがまとめて収納できます。

Shose Closet

エントランスホール最初の扉はシューズクローゼットになっています。靴類などの他に出かけるときや帰宅時に使用するものが収納できるようにしてあります。また、掃除機などの掃除用具類もこちらにまとめて収納できます。

Washing Space

廊下収納に設けられた洗濯スペース。洗濯機上部には可動棚を設置し、洗剤など洗濯に必要なものが収納できます。可動棚の一番下にはハンガーを吊るせるようになっているので、洗濯機から取り出しハンガーにそのまま衣類を吊るすことができます。

Order Made Wash Stand

オーダーメイドで製作した洗面化粧台。メラミンカウンターで製作したカウンターにボウルを乗せたシンプルな仕上げにしました。メディシンボックスは半分壁に埋め込んで設置してあるので、すっきりと納まっています。リフォーム前にはユニットバス内部に簡単な手洗いボールが付属されていただけでした。今回のリフォームで洗濯機置き場だった場所にオーダーメイド洗面台を設け、洗濯機を廊下の共有収納内部に移設しました。

Toilet

トイレは脱衣所の奥に設けられています。トイレの上には吊戸棚を設置してありますので、ストック用品などを収納できます。洗面脱衣所と一体になっているので、洗面や浴室で使用するストック品なども収納できます。オーダーメイドで製作された洗面台がトイレのすぐ横に設置されているので、便器本体に手洗い器が不要になります。タンクレストイレなどを設置した場合でもトイレと洗面室を一体にすることで、隣に手洗い器があると手洗い器をトイレに設置しなくてよくなります。お好みと生活スタイルに合わせてリフォームプランを提案できます。

Unit Bath Room

リフォーム前のユニットバスは洗面ボールも設置されており、狭く清掃性にも欠けていました。ユニットバスを解体後、間仕切り壁を一部解体しユニットバス設置部を広げることで、新しいユニットバスではサイズアップさせました。マンションなどのリフォームでユニットバスを古いものから最新のユニットバスに交換する場合、5cm程度は広くなる事が多くなっています。今回のリフォームように間仕切り壁を一部造り直してユニットバスを広げることもできる場合があります。リフォーム前の現地調査の時点でわかる場合が多いので、広げられる場合は提案させていただいております。

リフォーム前写真

[左] リビングダイニングとなる場所 施工後のキッチンから臨んだ位置。 [中央左] リビングダイニングキッチン [中央右] 既存キッチン設置部 施工後は廊下及び収納スペース [右] 洗面ボウル付きユニットバス