ページの先頭へ

HOME > 施工実例 > アンティークな美容空間 Rani Kai Hair (店舗 相模原市)

アンティークな美容空間 Rani Kai Hair (店舗 相模原市)

相模原 橋本に美容院を新規オープンしたRani Kai hairさん。オーナー様のご要望により内装デザインをアンティーク調でリフォームプランしました。天井はあえて造作せずコンクリートむき出しのまま塗装しました。シャンプー室の入口は柔らかい雰囲気にするためアーチ壁にし、照明や什器など妥協せずデザインにはこだわりました。デザインにはこだわりましたが、スタッフやお客様の動線や清掃性、収納など使い勝手の面でも細かくプランされています。シャンプー室のオーダーメイド収納の吊戸棚の底面にはタオルの取り出し口を設けてあります。取り出したタオルが傷まないよう取り出し口には保護部材を取り付けました。オーダーメイド収納の下台には使用済のタオルをそのまま投げ入れられる開口部を設け、底面には間接照明を組み込み光で演出しました。シャンプー室はリラクゼーションな空間にするため壁で仕切ることとなりましたが、シャンプー室からお客様の来店が分かるようにシャンプー室から出入口が見えるよう壁に開口部を設け、そこにアイアンパネルを施しアクセントとしました。看板はアルミ材を格子状に組み合わせ、そこにフロント扉と同色の木目調の化粧を施しました。看板の文字は金属で浮き文字に製作し、塗装で仕上げました。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Cut & Set Area

Cut & Set Area

セットエリアは5カ所用意しました。ミラーや正面の金属性の棚、照明などアンティークのデザインに合うものをオーナー様と探しました。金属製の棚の横にはドライヤーを掛けられるホルダーを用意しました。ドライヤーなどに使用するコンセントは金属製の棚の下設置し目立たないようにしてあります。セットエリアは特に重要な場所だったため、ミラーからチェアまでの距離や隣のチェアとの間隔などを、お客様とスタッフの動線を踏まえながら何度も検証を重ねました。一番奥にはスタッフが増えた場合などに簡単なリフォームでセットエリアをもう一つ増やせるように下地補強などの準備をしてあります。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Cut & Set Area

セットエリアを店内奥から臨んでいます。右側の扉の奥はトイレになっています。トイレの出入り時にセットエリアよりトイレ内部が見えないように、扉の開き方向を考えて設置されています。扉はアンティークな内装デザインに合わせたデザインのものを選びました。トイレの横の凹ました空間はゴミ箱などのカット後の髪をまとめておく場所になります。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Checkout Counter & Iron Panel

待合いスペースから見た会計カウンター。会計用のカウンターはオーナー様がリフォーム後に探してこられたものを設置しました。会計カウンターの後ろの壁面にはアイアンパネルが組み込まれています。アイアンパネルの向こう側はシャンプーエリアとなっており、シャンプーエリアから待合スペースの様子を確認できるようになっています。

Waiting Area

待合スペースです。表からの雰囲気をよく見せるために窓際はペンダントライトで装飾でしました。照明選びにもオーナー様と何度も打ち合わせを重ねて決定していきました。会計カウンターの後ろの壁は、スタッフの動線上の邪魔にならないようにすることとデザイン性を考えてアールの壁で造作しました。

Staff Work Area

奥に設けられたスペースはスタッフがカラーなどの調合をおこなうスペースとなっています。作業台は水場も必要な為、ミニキッチンを設置しました。アンティークデザインに合うようにミニキッチンの扉には木目調の化粧シートで施しました。正面にはカラー剤などで壁を汚さないようタイルで仕上げました。上部にはカラー剤などを小分け収納できる棚をアクリル材で造作し、照明でライトアップしています。

Shampoo Area - Arch Wall -

Shampoo Area - Arch Wall -

シャンプーエリアの入り口はリラックス空間への入り口にふさわしい形状にしました。アーチ壁にすることでインパクトがありつつ優しい印象に仕上がっています。

プラン提案時 イメージ3Dパース

Shampoo Area

Shampoo Area

シャンプーエリアはお客様がリラックスできるリラクゼーション空間に仕上げました。照明は明るくなり過ぎないように調整しました。天井を綺麗な模様を照らしているペンダントライトは、お客様にまぶしさを感じさせないように位置を調整してあります。床材にはヘリンボーン柄の塩ビ製防水シートを敷きこみました。

Shampoo Area - towel storage -

シャンプーエリアに設けられたオーダーメイドで製作したタオル収納。吊戸棚の底面にはタオルを片手で一枚ずつ取り出せるように設計しました。このように工夫することはよくあることですが、タオルを取り出す穴を開けるだけですと取り出し口の穴とタオルが擦れてタオルが痛み寿命が短くなります。そこでタオルが擦れないように穴の部分に保護材を施してあります。タオル取り出し口はカラー用と通常用のタオルを使い分けられるように、シャンプー台1台につき2つ分用意してあります。

Shampoo Area - towel storage -

オーダーメイドで製作したタオル収納の下台には、使用済みのタオルを投げ入れられるように扉とカウンターの間を大きく開けています。カラー用と通常用のタオルを分けて投げ入れられるよう内部に仕切りを設けています。カラー用のタオルを投げ入れた際にオーダーメイド収納の内部が汚れないように扉材と同じメラミン材を貼ってあります。内部をホワイトで製作したり、汚れが落としにくい素材で製作し年月が経過すると汚れなどで大掛かりなメンテナンスが必要になってしまう場合があります。オーダーメイドでプランをおこなえば、自由に設計できるためオーナー様の意見や内装のデザイン、寸法などに合わせて製作することができます。オーダーメイドタオル収納の底面には間接照明を設置し、リラクゼーションエリアを優しく演出しています。

Entrance

フロントのデザインは大型のガラスを採用し外から店内が良く見渡せるようにしました。フロントは入り口の扉を含め全てオーダーメイドで製作されています。後々ブラインドなども設置できるように、カーテンボックスも造作してあります。

Toilet

トイレはリラックスできるように明る過ぎないようにしました。便器はTOTOのネオレスト。鏡面ブラックの手洗い器はサンワカンパニー製。

Facede & Sign

Facede & Sign

ファサード及び看板には同色面材を使用しています。大型のガラスを使用しているため、アンティーク調の店内が綺麗に臨めます。看板はアルミの角材にフロントと同材の化粧シートを施したものをベースにしています。浮き文字にしたロゴは金属で形成し塗装で仕上げました。

リフォーム前写真

スケルトンの状態から設計デザインし、内装リフォームを完成させました。