ページの先頭へ

HOME > 各種リフォーム > フローリング、カーペット等 床工事

フローリング、カーペット等 床工事

床材は内装プランをを進める上でデザインが大きく左右される大切な部位となります。一般的にはフローリングを選択される場合が大半ですが、ホテルライクのデザインにはカーペット選ぶ場合もあります。家族構成やペット有無、部屋の用途に合わせる、構造による選定などからも床材を決定いていくこともあります。一般的な床材として下記のような種類があります。

□ フローリング(無垢材、突板材、プリントなど)
□ カーペット(ロールタイプ、タイルタイプなど)
□ 硬質塩ビタイル
□ クッションフロア
□ 長尺シート
□ タイル
□ コンクリート仕上げ

最も一般的な床材はフローリングです。フローリングは高級感があり、清掃性に問題もなく、種類も豊富なため採用することが多くなっています。フローリングの中でもさまざまな種類があります。一枚板で製作した無垢フローリング、木を薄くスライスしたものを表面に使用している挽板や突板フローリング。その他木目をプリントしたものを表面にしているものもあります。木の種類や表面の塗装技術などによって価格帯は広くなっています。無垢フローリングは木の温もりや重厚感があり、デザイン性にも長けていますので床材にとことん拘ることができます。ただし、無垢材なので伸縮や割れ、反りなどは必ず発生しますので、理解をもって使用していただきます。挽板フローリングとは無垢材を機械で数ミリに割いた物を表面に使っているもの、突板フローリングは無垢材をカンナのように表面を薄く削りとった物を表面に使用したフローリングのことを指します。無垢材に比べて重厚感は劣りますが、表面は木の表情が伺えることと、無垢材の欠点である伸縮や反りなどは少なくなります。マンションなどコンクリートの上に直にフローリングを施工する場合、直貼り専用の裏面にクッション材が施されているフローリングを使用します。コンクリートの不陸に対応できるように作られていますが、カーペットからフローリングに変更する場合、コンクリートの不陸が非常に悪い時には、フローリング施工前に不陸調整のため左官工事が必要になる場合があるので注意が必要です。

カーペットはフローリグとは異なる雰囲気を出してくれる床材です。ホテルなどはカーペットを使用していることが多いと思います。カーペットは落ち着いた空間を演出してくれるため、書斎や寝室などに使用する場合があります。フローリングよりリーズナブルに高級感を出すことができるので、プラン次第で使い分けることもできます。但しフローリングに比べて清掃性に劣りますので注意が必要です。

硬質塩ビタイルはさまざまなデザインがあり、表面が強い為土足で歩く場所でも使用できます。タイル調やフローリング調などの柄が用意されています。デザインが豊富な上、土足でも使用できるため店舗などに使用されることが多くなっています。住宅でも玄関の土間やトイレ、洗面脱衣室などの床にもよく使用されています。フローリング調などの塩ビタイルは本物のフローリングのような重厚感は感じられませんが、リーズナブルにデザイン性を味わえる為に、アパートなどのLDKなどには使用されています。傷や変色など発生した場合、部分的な貼り換えも可能です。

トイレや洗面脱衣室などによく使われるクッションフロア。塩ビの比較的柔軟性のある塩ビシートです。価格もリーズナブルで施工性がよく工期も早く仕上がります。表面は水に強いためトイレや洗面脱衣室に使用することが多くなります。土足で歩行できるタイプもあるので、使う場所によって使い分けられます。

長尺塩ビシートは表面が硬く防水性に優れているため、マンションのバルコニーや共用廊下などに使用されています。施工の際、シート同士のジョイントはシート材同色の樹脂を溶かして充填する為、防水性や剥がれ防止に優れています。その為飲食店などの厨房などにも使用できます。また、浴室用の塩ビシートもあり、滑りにくく水はけが良くなっています。浴室の床がタイルの場合でも下地処理さえおこなえば、浴室用塩ビシートを貼ることができるので、防滑や断熱などの効果が得られます。